Pix4Dmapperで火星の3Dモデルを作成(事例紹介)

Pix4Dの事例となりますが、米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「Perseverance」の着陸動画をもとにPix4Dmapperで画像処理を行い、着陸地点周辺の三次元モデルを作成することに成功し、Youtubeに3Dデータが公開をされました。

Pix4Dmapperはドローン空撮の画像画像から高精度な三次元モデルを作成することが可能なSfMソフトウェアですが、動画像などからもソフトウェア上で任意のフレームごとに静止画像を作成し、三次元モデルを作成することが可能です。このような惑星探査ミッションで得られた画像から精密な三次元モデルを作成することができるため、従来の航空写真測量やインフラ点検だけでなく、新しい利活用方法が期待されます。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示