【初心者向け】ドローン測量の手順

更新日:4月7日



さまざまな場面で活用されているドローンですが、近年では測量にも活用されています。

人が立ち入ることのできない場所や、危険な場所での測量は、人の手ではなくドローンで行うことも増えてきました。

しかし、これまでに経験がない方は、どのような手順で測量を行えば良いのか分からない場合もあるでしょう。

そこで今回は、ドローン測量が未経験の方や、今後自社で取り入れる予定の方に向け、ドローン測量を行う際の手順について解説します。




ドローン測量の手順を見てみよう


それでは、ドローンで測量を行う際の手順(流れ)について見ていきます。

なお、ドローン測量に必要なものは揃っているという前提で解説していますので、作業に際し必要なものがある場合は、事前に準備しておきましょう。




1.飛行・撮影計画を立てる


まずは、ドローンが飛行するルートを計画し、地図上で確認します。

作成したい数値地形図の地図情報のレベルに応じ、地上画素寸法を明確にしましょう。

計画をする際には、ドローン本体の撮影高度や写真撮影のスピードといった機能・性能を考慮しつつ飛行ルートを作成することがポイントです。

また、県・市町村などの自治体によっては飛行可能とされている地区でも、改めて申請や許可が必要な場合があります。

航空法やマニュアルなどを熟読し、事前に申請を行っておきましょう。


ドローンを飛行させるためには様々な注意点がありますので、詳細を知っておきたい方は【コラム】ドローンを飛行させるための注意点 を合わせて見ておくと安心です。



2.標定点および検証点を測定し、GCPを設置


3Dデータの作成・モデリングの際には、位置情報が必要となってくるため、標定点や検証点を測定し、GCP(標定点)を設置します。

標識点や検証点の測定には、トータルステーションを用いて行いましょう。

GCPは標準とされているものを使用し、複数の撮影写真データに収まる位置に設置しましょう。


標定点について、より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

【初心者向け】ドローン測量の標定点とは



3.ドローンにて撮影する


「1. 飛行・撮影計画を立てる」で設定した飛行ルートを自動走行するようプログラムし、ドローンで撮影を行います。

枝木などが多い場所の測量を行うなど、上方からの写真のみでは不足があると予測される場合は、データの精度を上げるために手動での撮影をするのも良いでしょう。


データの精度を上げるためには、ドローン測量に適したドローンを選ぶことも重要です。

【初心者向け】ドローン測量に最適なおすすめの機体という記事もありますので、ドローン選びを迷っている方はぜひ確認してみてください。


4.写真データを解析し、3Dデータを作成する


ドローンが撮影した写真データを解析し、専用ソフトを使って3Dデータ(点群データ、オルソ画像)を作成し、加工を行います。

データ作成後は、撮影時の座標値と比較検証をする確認作業も必要です。



5.データを出力する


解析およびモデリング完了後、必要に応じてデータを出力しましょう。

3DCADソフトなど互換ソフトに取り込み、活用することもできます。




ドローン測量の手順を知って業務効率化につなげよう


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、ドローン測量の手順がご理解いただけたと思います。

これまでにお伝えしたのは、飛行ルートの計画からデータ出力までの基本的な流れです。

手順を覚えて、ぜひ業務の効率化に役立ててください。

空中写真測量で使用するpix4dmapperについてはコチラから

69回の閲覧0件のコメント