PIX4DsurvayはPIX4DmapperやPIX4DmaticでSfM処理した画像、さらには汎用のLASデータを取り込み、地表面をモデル化するためのTINを生成したり、点群データからプロジェクトの主要要素を抽出してそのまま設計に使えるCADベクトルファイルを作成するソフトウェアです。

LOGO_Pix4Dsurvey_name_RGB_Horizontal.png

お見積り・お問合せ

ライセンスの種類

・PIX4Dsurvay 月間ライセンス
​・PIX4Dsurvay 年間ライセンス

主な特徴

​数十億点の巨大データも取り扱うことが可能で、同一プロジェクト内にある複数のデータにも対応します

Pix4Dsurvey_TIN_Mark_as_terrain.jpg

点とブレークラインで構成されるTINで地表面をモデル化し、プロジェクトの地形を表現します。スポット標高の作成を自動化できるため、点群の点数を大幅に削減できます。​

IMA_GEO_Pix4Dsurvey_easy_export.jpg

​ベクトル化したデータはオブジェクトをすべてレイヤーに割り当てて編集でき、個別に、またはまとめてエクスポートが可能です。

その他のPix4D社製品
Fields_320x240.jpg
LOGO_Pix4Dmatic_name_RGB_Vertical.png
LOGO_Pix4Dreact_name_RGB_Vertical.png
LOGO_Pix4Dmapper_name_RGB_Vertical.png