UAV(ドローン)等で撮影した画像をPix4D社が提供するクラウドサーバーで画像処理を行い、さらにはブラウザーベースで2Dオルソモザイク、3D高密度点群、3Dメッシュの閲覧、距離・面積・体積の計測やクラウド上のデータについて、特定のURLを共有することで、Pix4D社製ソフトウェアを持っていなくても簡単にデータ共有を行うことが可能です。
​もちろんクラウド上で処理をしたデータの精度は従来のPIX4Dmapperと変わらないプロフェッショナルなものとなります。

お見積り・お問合せ

new_cloud_name_light_h.png
new_cloud_advanced_name_light_h.png
ライセンスの種類

PIXcloudは以下の機能を有しております。
・撮影画像から精確な2Dマップと3Dモデルの作成
・距離、面積、体積の計測
・アノテーションの追加
​・チームや関係者との共有(URLリンク)

・年間ライセンス

​・教育機関向け年間ライセンス

PIX4Dcloud AdvancedはPIX4Dcloudの全機能に加え、以下の機能が追加されます。
・タイムライン機能で同一現場を継続モニタリング
AutoGCPs機能で標定点を自動認識して絶対精度の向上
・同一地点のデータや体積比較
・設計図面と2Dマップのオーバーレイ機能​

・年間ライセンス

​・教育機関向け年間ライセンス

new_cloud_name_light_h.png
new_cloud_advanced_name_light_h.png

Pix4Dcloudは以下の機能を有しております。

・撮影画像から精確な2Dマップと3Dモデルの作成

・距離、面積、体積の計測

・アノテーションの追加

​・チームや関係者との共有(URLリンク)

・年間ライセンス

​・教育機関向け年間ライセンス

PIX4Dcludの画面表示例
Pix4Dcloud_DSM
Pix4Dcloud_DSM

DSM画像

press to zoom
Pix4Dcloud_ortho
Pix4Dcloud_ortho

3D点群画像

press to zoom
Pix4Dcloud_Pix4Dcatch
Pix4Dcloud_Pix4Dcatch

Pix4Dcatchの画像処理結果

press to zoom
Pix4Dcloud_DSM
Pix4Dcloud_DSM

DSM画像

press to zoom
1/3
ライセンスの種類
精度管理表の作成機能 (PIX4Dcloud Advanced のみ)

日本国内のユーザー様向け機能として「無人航空機(UAV)を用いた公共測量」にもとづく精度管理表の作成機能も有しております。

【作成可能な精度管理表の帳票】
カメラキャリブレーション実施記録(数値地形図作成)
UAV撮影コース別精度管理表(数値地形図作成)​空中三角測量精度管理表(数値地形図作成)
三次元形状復元精度管理表(三次元点群作成)
UAV撮影コース別精度管理表(三次元点群作成)

精度管理表_カメラキャリブレーション実施記録.jpg
精度管理表_三次元形状復元精度管理表.jpg
精度管理表_UAV撮影コース別精度管理表.jpg
精度管理表の作成するための方法

精度管理表を作成する方法は下図の通り PIX4Dcloud Advanced のみで完結させる場合と、PIX4Dmapperで処理を行い、ステップ1で作成される中間生成ファイルを活用する方法の2種類がございます。

精度管理表作成の説明_1.jpg

PIX4Dcloud Advanced単体のクラウド処理を行った場合、精度管理表の帳票を出力することは可能なのですが、帳票で必要な帳票をすべて自動計算をするために必要なデータがクラウド処理では完結できません。このため当社ではPIX4Dmapperを使ってSfM処理を行い、そこで生成された中間データとセットでPIX4Dcloud Advancedで計算されることで精度管理表を作成する手法をお勧めしております。また当社ならびにパートナー企業様よりご購入を頂いた場合、精度管理表作成の際に最も難しい「フライトプラン」データの作成ができる独自ツールと、精度管理表の作成方法に関する解説動画の閲覧権を納品時にご提供いたします。
 

精度管理表_解説動画1.jpg