• okamura98

[初心者向け]数値表層モデルの概要や特徴・作成用途などについて紹介!



数値表層モデルは、別名:DSMと呼ばれる表層面を数値標高モデル化した三次元データとなります。


本記事では、数値表層モデルの概要や特徴についてまとめました。

数値表層モデルを活用した事業の取り組みを検討している方は、是非参考にしてみてください。


数値表層モデル(DSM)の概要


数値表層モデルとは、人工構造物や樹木などの高さを含む地表面の標高を表した三次元データのことを指します。

数値表層モデルは、都市構造の解析やオルソ画像の作成などに利用されるケースが多いデータとなります。


また、数値表層モデルは、一般的に航空レーザー測量や空中写真測量によって作成・データ化されます。

数値表層モデルのデータに対して、人工構造物や樹木などを排除する処理を施すことで、地盤標高モデルデータを制作することも可能です。


なお、数値表層モデルには、「オーバーハングした地形・地物(トンネルなど)を表現することができない」といったデメリットがあります。



数値表層モデルは建物や樹木などを含めた標高を表現できる三次元データ


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、数値表層モデルの概要についてご理解いただけたと思います。


数値表層モデルの概要について理解を深めたうえで、都市構造の解析やオルソ画像の作成などといった業務をスムーズに進めましょう。


空中写真測量で使用するPix4Dmapperについてはコチラから

6回の閲覧0件のコメント