• okamura98

[初心者向け]等高線にまつわる詳しい概要や特徴などについて徹底紹介!



等高線の概要や特徴、各種種類について十分に理解・把握しておくことは、正確な地形の高低差を判別することにつながります。


本記事では、等高線の詳しい概要や特徴をまとめました。

「活用方法について知りたい」といった希望や願望を持っている方は、是非参考にしてみてください。


​等高線(コンタ図)の概要


等高線とは、地形図上にて同じ高さの地点を結んだ線のことを指します。

主に、谷や山(山脈)などといった地表の起伏を表す際に用いられるケースが多いです。


また、等高線は、各種建造物の見え方を検証する際の参考資料として活用されるケースも多くあります。


等高線には、 計曲線と主曲線 の2種類が存在します。

なお、計曲線と主曲線は、それぞれ標高を示す線の間隔の広さが異なるよう設定されています。



等高線は山や谷の起伏を表す線


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、等高線の概要についてご理解いただけたと思います。


各種建造物の見え方や山・谷の起伏などを検証する際は、是非、等高線の活用を試みてはいかがでしょうか。


空中写真測量で使用するPix4Dmapperについてはコチラから

2回の閲覧0件のコメント