Pix4Dcatchを使って簡単に三次元計測

更新日:2月15日

Pix4D社からリリースをされましたPix4Dcatchは、スマートフォンやタブレットで撮影した画像をPix4Dcloudと連携して三次元データを作成するための無料アプリとなります。

大きな特徴として、AR機能で撮影した場所が表示されるため、初心者でも撮影位置を見失わず的確な位置で写真撮影ができます。


ピンク色の表示が撮影をした場所になります。


撮影が完了したらPix4Dcloudにアップロードされクラウド処理が実行されます。


【当社オリジナル】Pix4DcatchからPix4Dcloudで画像処理をしたサンプル https://cloud.pix4d.com/dataset/742833/model?shareToken=7f4fe5c3-e87d-4c80-a2dc-548293a32a23


Pix4Dcatchを使ってお手軽三次元データを是非お試しください。 【注意事項】 なお、本アプリはフリーソフトウェアのため、ご利用方法につきましてはPix4D社のホームページにてご確認ねがいます(英語のためブラウザの翻訳機能をご利用いただくことをお勧め致します)。 【2021年10月12日追記】 Pix4Dcatchをお使いのユーザー様から簡単なガイドブックはないかご質問を受けることが多いことから、当社独自のガイドブックを無料公開いたします。なお本資料は「イプロス土地まちづくり」のサイトよりダウンロードが可能です(下記のアイコンをクリックすると該当ページに移動いたします・


【2022年2月15日追記】 PIX4Dcatchの使い方やデータの活用方法に関する動画を作成いたしましたので以下の記事をご参照ください。


関連ページ:【無料】PIX4Dcatchの解説動画を公開しました


閲覧数:679回0件のコメント

最新記事

すべて表示