• okamura98

[初心者向け]熱赤外線画像を用いた測定・検査にまつわる概要や特徴について解説




熱赤外線画像を用いた測定・検査の導入を検討している企業のなかには、「熱赤外線画像とは、一体何なのか?」などの疑問を持っている担当者も少なくありません。


そこで、本記事では、熱赤外線画像の概要や具体的な測定事例などをまとめました。

ついて理解を深めたいといった考えを持っている方は、是非参考にしてみてください。


熱赤外線画像の概要


熱赤外線画像を用いた測定とは、測定対象の物体から放射される赤外線を感知したうえで、物体の質量や移動量または温度などを計測する測定方法のことを指します。

また、あらゆる検査や調査などに用いられます。


具体的な過去事例にまつわる詳細については以下のとおりです。


■小水路の流量計測

流体の温度差を時系列映像にて記録することで、流速の計測を行う方法。

また、流速以外にも、小水路に流れる水の移動量を計測することが可能。



熱赤外線画像について理解を深めよう


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、熱赤外線画像を用いた測定の概要や具体的な計測事例についてご理解いただけたと思います。


熱赤外線画像を活用した測定を行う際は、あらかじめ具体的な計測方法や類似検査の過去事例などについて理解を深めておきましょう。



空中写真測量で使用するPix4Dmapperについてはコチラから

1回の閲覧0件のコメント