【初心者向け】高密度三次元点群の概要や重要性





高密度三次元点群には、あらゆる測量や計測のシチュエーションにおいて活用されている特徴があります。


本記事では、高密度三次元点群の概要について解説しています。

「高密度三次元点群とは、果たしてどのようなものなのか?」といった疑問を抱えている方は、是非参考にしてみてください。



高密度三次元点群の概要


高密度三次元点群とは、モデルの再構築を目的とした3Dポイントの集合のことを指します。

また、高密度三次元点群の各点に関しては、X、Y、Z位置と色情報が保存される仕組みとなります。


高密度三次元点群の大きな特徴のひとつとして、「面積、体積、距離の測定に役立つ正確な背景情報を提供してくれる」といった点があげられます。

とくに、コチラを使用した断面図は、正確な地形の形状を取得できるとして、「河川管理にともなう河床変動の把握」や「道路設計での土量算出」など、あらゆる現場・シチュエーションにて重要な役割を担っています。



高密度三次元点群の概要について理解を深めよう


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、高密度三次元点群の概要についてご理解いただけたと思います。


高密度三次元点群を活用した測量・測定を自社事業に上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。


空中写真測量で使用するPix4Dmapperについてはコチラから

26回の閲覧0件のコメント