Hi-Target社製 後処理補正ソフトウェア

株式会社イメージワンでは、DJI社製ドローン Phantom4 RTK で撮影された画像を後処理キネマティック方式で補正するために開発された、Hi-Target社 製ソフトウェア「PPKGo」を取り扱っております。一般的にRTKはUAVと基地局の間で常時通信が必要とされ、撮影可能な範囲が制限をされますが、PPK方式の場合には仮想基準点を用いた正確な測位情報用いて後から計算しますので、リアルタイムな接続は必要とされません。これによりRTKでは撮影できない条件での作業効率性、信頼性や撮影位置決定精度を向上いたします。

PPKGoの特徴

PPK方式を利用することにより、GCP(標定点)の設置数を大幅に削減したうえで、高精度の航空写真測量を行うことができます。また、RTK-FIXの欠損を修正する時間を短縮することにより、フィールド作業の時間とコストを大幅に削減しながら、精度を確保できます。

作業工数を大幅に削減

多くの測位衛星システムに対応

各国の測位衛星(GPS / GLONASS / Beidou / Galileo L1 + L2 + L5など)に対応していますので、単一の衛星システムでは信号が不十分な環境においても、適切に衛星を選択してPPK解析を行うことができ、より高い信頼性と正確なカメラの位置座標を確保できます。

電子基準点基準局データを統合

国土地理院の電子基準点データの自動ダウンロード機能や、後処理VRSデータのインポートにより、GNSS基地局を設置しなくても、PPK解析することができます。

各種SfMソフトウェアに対応

PPK解析後のデータはテキストファイルもしくはイメージファイルのジオタグ更新にて出力されるので、主要なSfMソフトウェアにて利用することができます。

安心の日本語対応

本ソフトウェアは日本語表記が可能で、納品時に日本語の操作マニュアルをご提供いたします。