top of page

PIX4Dmatic の Windows11対応について

弊社ユーザー様よりPIX4DmaticのWindows11対応につきましてご質問がございましたので、2022年10月31日現在のWindows版での対応状況、ならびに推奨構成をご案内いたします。


PIX4Dmatic Windows版の推奨構成

  • Windows OS : Windows 10 または 11 (64 ビット)。

  • CPU : Intel i7、i9、Xeon、または AMD Threadripper。

  • GPU : GeForce GTX 10 シリーズ、または RTX シリーズ。

  • RAM:

  • 64 GB (2,000万画素の写真で 2,000 ~ 5,000枚のプロジェクト)。

  • 128 GB (2,000万画素の写真で 5,000 ~ 10,000 枚のプロジェクト)。

  • ディスクタイプと容量:

  • 250GB ~ 400GB の空き容量を持ったSSD  (2,000万画素で 2,000 ~ 5,000 枚のプロジェクト)。

  • 400GB ~ 550GB の空き容量を持ったSSD (2,000万画素で 5,000 ~ 10,000 枚プロジェクト)。

ディスク容量の推奨値には、画像の保存と結果のエクスポートに必要な容量は含まれていません(プロジェクト全体の保存には大容量のディスクを別途準備することを強く推奨いたします)。また、画像処理中にメッシュステップが処理され、3D メッシュがエクスポートされる容量は上記の数値には含まれておりません。

重要: この情報は、Pix4D社の経験を反映したものであり、完全性を保証するものではなく、一般的なガイドとしてご使用願います。


【追記】 なお、PIX4Dmapperについてはプレビュー版のバージョン4.8.xでWindows11への対応をしておりますが、当該バージョンは「サポートの対象外」となっておりますのでご注意願います。サポート対象となっている安定板(バージョン4.7.5)では引き続きWindows11は未対応となっておりますので、新規にPCをご購入の際にはご注意願います。



閲覧数:32回0件のコメント
bottom of page