Malvern Panalytical 可視・近赤外分光放射計

【製造・販売元に関するご案内】
本分光放射計の開発元である ASD Incにつきましては、スペクトリスグループのマルバーン・パナリティカル(本社:英国)に買収をされ、製品の製造、ならびに保守はマルバーンパナリティカル社にて行われております。なお "ASD" という名称は、引き続き"製品ブランド"として使用されております。 当社は引き続き「Malvern Panalytical 可視・近赤外分光放射計」(旧ASD社製)の国内販売代理店として、製品の販売をいたしますので、引き続きのご愛顧をお願いいたします。

ASD FieldSpec4

可視から近赤外線まで野外での観測可能。可搬型分光放射計の

スタンダードモデル

ASD FieldSpec 4は、光学衛星が撮影した画像データのスペクトルと地上の計測対象のスペクトルの相関をとるため、光学衛星と同じ太陽光を光源にして対象物の反射率を計測する分光放射計です。不安定な自然環境の下でも精度の高い測定が可能なことから、NASA、USGSの標準器として使用されている他に、農業・林業・環境調査・建築・土木・植生調査・海洋調査などさまざまな分野での利用実績があります。

オプション

オプション

オプション

​カタログ

ASD LabSpec4

オプション

物性の定量分析向けのベンチトップタイプ可視、近赤外分光放射計

ASD LabSpec 4は、リモートセンシング分野で数多くの実績を持つASD FieldSpec4シリーズと同じ設計で作られていることから、高耐久で可搬性に優れており、ベンチトップ分析や試料の場所に合わせた持ち運びが可能です。 

ASD TerraSpec4

オプション

​カタログ

鉱物・資源探査の反射率計測に特化した可搬型の可視、近赤外分光放射計

ASD FieldSpec 4は、光学衛星が撮影した画像データのスペクトルと地上の計測対象のスペクトルの相関をとるため、光学衛星と同じ太陽光を光源にして対象物の反射率を計測する分光放射計です。不安定な自然環境の下でも精度の高い測定が可能なことから、NASA、USGSの標準器として使用されている他に、農業・林業・環境調査・建築・土木・植生調査・海洋調査などさまざまな分野での利用実績があります。

​カタログ

ASD TerraSpec Halo

可視から近赤外線までの反射率を計測可能なハンドヘルドタイプの鉱物・資源探査用接触型分光放射計

可視から近赤外線までの反射率が計測可能。鉱物資源の分光データを内部に保有しているため、即座に鉱物識別が可能です。観測現場でのクイックチェックに最適です。

​カタログ

ASD QualitySpecTrek

可視から近赤外線までの反射率を計測可能なハンドヘルドタイプの接触型分光放射計

原材料検査、サンプルの混合、バリデーションに理想的な分光放射計。トリガを1回押すだけで、数秒でスペクトル結果を表示します。観測現場でのクイックチェックに最適です。

​カタログ

よくあるご質問

 ・放射輝度、全天放射照度の計測が必要な場合は?
     ASD FieldSpec4 を機種選択願います。
 ・ASD FieldSpec4の視野角は?
     標準は25度で、オプションレンズとして1・3・8・10度がございます
 ・対象物と接触した計測が必要な場合は?
     オプションの「コンタクトプローブ」が必要となります。
 ・個葉の反射率計測が必要な場合は?
​     コンタクトプローブの他に「リーフクリップ」が必要となります。 

 ご質問・お見積もり

株式会社 イメージ ワン

GEOソリューショングループ